葉酸 効果

葉酸の主な作用(働き)

ほうれん草

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、ほうれん草の葉から発見されたことにより葉酸と名付けられました。
この名前の由来から、葉物の野菜にのみ含まれていると思われがちですが、レバーなど動物性の食品にも多く含まれています。

 

葉酸は私達の体にとって大切な栄養素で、特に細胞分裂やDNAの合成などに必要とされています。
また、ビタミン6やビタミン12と共に動脈硬化を起こす原因でもあるホモシステインを減らしたり、ビタミンB12と共に赤血球を作っています。

 

葉酸の作用と効能は…

 

男女成人における葉酸の摂取基準量

葉酸の1日の推奨量は成人男女は240μgとされております。

 

妊娠期は、葉酸を補給することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを7割〜8割程度、低減できるということから、成人の摂取量である240μに+200μgで440μg(400μg〜440μg)、授乳期はこれに+100μgで340μg必要とされています。

 

※2000年より、妊娠していなくても妊娠を計画している女性に対して400μg以上の葉酸の摂取を推奨しています。これは神経管閉鎖障害という先天性疾患の発症リスクを減らすためであるといわれています。

 

【男女別の1日あたりの葉酸の摂取量の基準値】
男性 女性 妊婦 授乳婦
240μg 240μg 480μg 340μg

妊婦さんは葉酸を摂取するように言われたのはなぜ?

母子健康手帳

『2000年』に厚生労働省は、妊婦さんへ葉酸を摂取するよう勧告しました。それから2年して、『母子手帳』にも葉酸の摂取についてが記載されました。

 

最近になって葉酸の摂取がすすめられた一番の理由は、『胎児の神経管閉鎖障害(障害児や死産)のリスク低減』になる為です。

 

『1991年』にアメリカで行われた、妊婦さんを対象とした実験の中で、妊娠中に『400μg』の葉酸を摂取すると、神経管閉鎖障害の発症率が『7割』も減るという結果が出ています。同様の実験でも、『妊娠中の葉酸の必要性』が明らかとされています。

 

この結果を受けて、日本の神経管閉鎖障害が『増加傾向』という点や食生活の多様化から『葉酸不足』になる点も懸念して、厚生労働省は妊婦さんに葉酸の摂取をすすめ始めました。それから間もなくして、母子手帳の記載もはじまっています。

続きを読む閉じる続きを読む閉じる

葉酸は食べ物から摂取しにくいのが欠点

葉酸を含む食品は多くありますが、熱や水に弱く、料理する段階で葉酸は破壊されてしまう点、また、吸収率が悪く摂取しにくいということが一番の欠点です。
食品を食べた量に対して、50%程度しか吸収されません。

 

その為、特に不足してはいけない妊娠時の場合、400μg摂取するためにほうれん草を200g食べると、計算上では420μg摂取できますが、葉酸の吸収率を考えると、210μg×50%=105μgとなるので、単純に4倍量(約ほうれん草4束)を食べないと、きちんと体の中に吸収されないことになります。

 

葉酸を多く含む代表的な食品名(100g当たりの葉酸量)

 

えだまめ

  • レバー類100μg
  • えだまめ260μg
  • ほうれん草210μg
  • よもぎ190μg
  • 納豆120μg

 

葉酸を多く含む食べ物は『妊娠のための葉酸の多い食品・安全に葉酸をたっぷり摂る食べ方のすすめ』を参考にしてください。

 

その為、葉酸が大切な妊娠前や妊娠時には、食事に加えて、葉酸サプリを飲むことが、推奨されています。

葉酸不足・葉酸欠乏症の症状

葉酸が不足した症状として口内炎や食欲不振、下痢などの症状が現れる傾向があります。

 

そのような症状が続く場合は、葉酸が不足状態にある可能性がありますので、普段より葉酸を多く含む食品を意識して摂取するか、葉酸サプリや栄養補助食品からの摂取をおすすめいたします。

 

葉酸欠乏症の症状一覧

 

注意点葉酸が不足した状態が続くと、動脈硬化や、悪性貧血を引き起こす葉酸欠乏症を発症するリスクが高くなってしまいます。

 

葉酸欠乏症になるとホモシステインが血中に蓄積されやすく、動脈硬化の危険性が増加すると言われています。
ほかにも造血が追い付かなくなるため巨赤芽球性貧血(悪性貧血)や、神経障害などがおこりやすくなるだけでなく、特に妊娠中は、胎児が神経管閉鎖障害を負うリスクが高まります。

 

そうならないためにも日頃から、葉酸をうまく補給することがとても大切です。

葉酸の主な働き

お肌の若返りにも葉酸は大切です

葉酸は人の身体の細胞分裂にも関係している大切な働きをしていることから、美しい肌や髪の毛を作る上でとても大切な栄養素です。

 

その他、造血作用やホモシステインの増加を抑制する働きもあることから、老廃物の排出や巨赤芽球性貧血の予防、動脈硬化の対策にも必要不可欠で、その他、神経の働きをサポートする働きもあることから、アルツハイマーやうつ状態の改善も報告されています。

 

ポイント葉酸は、健康から美容までさまざまな場所で役立っていることから、妊娠中以外でも健康や美容の為に、1日に必要な摂取量を意識した食生活を送ることが大切です。

妊活・妊娠期間別の葉酸の働きと期待できる作用

妊活中や妊娠中の方が摂るべき葉酸の1日の摂取量は次の通りです。

 

妊活中 妊娠発覚〜3カ月まで 妊娠4カ月〜出産 産後
440μg
(推奨量240+付加量400)
440μg
(推奨量240+付加量400)
480μg
(推奨量240+付加量240)
340μg
(推奨量240+付加量100)

 

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべて特に妊活中から妊娠4ヶ月まで意識して摂取することで、赤ちゃんのダウン症や神経管閉鎖障害など先天性の障害のリスクを軽減させることができると言われてます。そのほか妊娠周期別の葉酸の働きにつきましては、「葉酸サプリ評価ランキング!医者が実際に評価するこうなりました」の下部にて表でわかりやすく解説しておりますので参考にしてください。

 

その他にも、葉酸を摂取することにより、着床がうまくいき、流産の確立を減らすことができるという研究データもあり、妊娠中のつわりを軽くする働きもあるということが言われております。
妊娠中以外にも、産後の母乳の出やつまり、抜け毛などの対策にも作用が期待できると言われています。

 

● ダウン症と葉酸の関係

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべてダウン症とは染色体(DNA)の異常によって起こるといわれています。
葉酸はDNA合成に深く関わっています。葉酸が不足するとDNAの異常が起きやすくなります。
海外で行われた研究によると葉酸を十分に摂取しているとダウン症のリスクが70%軽減されるということがわかっています。

 

● 着床と葉酸の関係

うまく受精できたとしても着床ができずに妊娠に至らないケースがあります。
受精した卵子は、その瞬間から細胞分裂を繰り返します。その分裂を助けるのが葉酸の働きです。
また葉酸には受精卵を着床するために子宮内膜の環境をよくする働きもあります。受精卵を適切に細胞分裂させ、子宮内膜の環境を整えることが出来れば自然と妊娠へつながるはずです。

 

● 神経管閉鎖障害と葉酸の関係

神経管閉鎖障害とは胎児の先天異常の一種です。
遺伝でない場合は葉酸を十分に摂取することにより発症リスクが軽減されるといわれています。神経管閉鎖障害になると神経組織に異常をきたし、多動症(ADHD)や下肢の運動障害・膀胱機能障害につながるリスクが高くなる可能性があるだけでなく、脳がうまく作られず無脳症となるケースもあります。

 

● 葉酸の流産防止の働き

妊娠中は、赤ちゃんの血液も必要になることから、通常時に比べ血液の量が2kg分増えるといわれています。この時期に葉酸が不足すると、ホモシステインが増加し血液の流れが悪くなるだけでなく、赤ちゃんに新鮮な血液を送ることが出来なくなります。
この状態が続くと流産のリスクが高まってしまう為、葉酸を十分に摂ることが大切だと言われています。

 

● 葉酸のつわり軽減の働き

妊娠中は交感神経・副交感神経のバランスが悪くなり、それによりつわりの症状が起きるともいわれています。葉酸にはビタミンB12と共に摂取することによりバランスが悪くなった自律神経を整える作用があることから、つわりを軽減させるはたらきがあると言われています。

産後・授乳中の葉酸の働きと作用

妊活中や妊娠中の方が摂るべき葉酸の1日の摂取量は次の通りです。

 

妊活中 妊娠発覚〜3カ月まで 妊娠4カ月〜出産 産後
440μg
(推奨量240+付加量400)
440μg
(推奨量240+付加量400)
480μg
(推奨量240+付加量240)
340μg
(推奨量240+付加量100)

 

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべて特に妊活中から妊娠4ヶ月まで意識して摂取することで、赤ちゃんのダウン症や神経管閉鎖障害など先天性の障害のリスクを軽減させることができると言われてます。そのほか妊娠周期別の葉酸の働きにつきましては、「葉酸サプリ評価ランキング!医者が実際に評価するこうなりました」の下部にて表でわかりやすく解説しておりますので参考にしてください。

 

その他にも、葉酸を摂取することにより、着床がうまくいき、流産の確立を減らすことができるという研究データもあり、妊娠中のつわりを軽くする働きもあるということが言われております。
妊娠中以外にも、産後の母乳の出やつまり、抜け毛などの対策にも作用が期待できると言われています。

 

● ダウン症と葉酸の関係

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべてダウン症とは染色体(DNA)の異常によって起こるといわれています。
葉酸はDNA合成に深く関わっています。葉酸が不足するとDNAの異常が起きやすくなります。
海外で行われた研究によると葉酸を十分に摂取しているとダウン症のリスクが70%軽減されるということがわかっています。

 

● 着床と葉酸の関係

うまく受精できたとしても着床ができずに妊娠に至らないケースがあります。
受精した卵子は、その瞬間から細胞分裂を繰り返します。その分裂を助けるのが葉酸の働きです。
また葉酸には受精卵を着床するために子宮内膜の環境をよくする働きもあります。受精卵を適切に細胞分裂させ、子宮内膜の環境を整えることが出来れば自然と妊娠へつながるはずです。

 

● 神経管閉鎖障害と葉酸の関係

神経管閉鎖障害とは胎児の先天異常の一種です。
遺伝でない場合は葉酸を十分に摂取することにより発症リスクが軽減されるといわれています。神経管閉鎖障害になると神経組織に異常をきたし、多動症(ADHD)や下肢の運動障害・膀胱機能障害につながるリスクが高くなる可能性があるだけでなく、脳がうまく作られず無脳症となるケースもあります。

 

● 葉酸の流産防止の働き

妊娠中は、赤ちゃんの血液も必要になることから、通常時に比べ血液の量が2kg分増えるといわれています。この時期に葉酸が不足すると、ホモシステインが増加し血液の流れが悪くなるだけでなく、赤ちゃんに新鮮な血液を送ることが出来なくなります。
この状態が続くと流産のリスクが高まってしまう為、葉酸を十分に摂ることが大切だと言われています。

 

● 葉酸のつわり軽減の働き

妊娠中は交感神経・副交感神経のバランスが悪くなり、それによりつわりの症状が起きるともいわれています。葉酸にはビタミンB12と共に摂取することによりバランスが悪くなった自律神経を整える作用があることから、つわりを軽減させるはたらきがあると言われています。

葉酸の美容や健康面で期待できる作用

葉酸は、美肌やダイエットなどにも大切な働きをしており、アンチエイジングなどの美容の為にも欠かせない成分です。
女性の美容に対する葉酸の働きを下記よりまとめましたので参考にして頂けたらと思います。

 

● 肌荒れ・美肌と葉酸の働き

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべて葉酸の働きの一つ、たんぱく質の合成が肌荒れ・美肌に関わっています。たんぱく質を合成することにより、肌が生まれ変わり、肌荒れが治り、美肌へ近づくだけでなく、髪の毛のツヤやハリも期待できます。

 

● 生理不順に対する葉酸の作用

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべて現代の女性の悩みでもある生理不順。ビタミン不足により女性ホルモンの分泌が低下したことや血液が不足したことが原因の一つであるといわれています。葉酸を摂取することにより血液を十分に作ることができ、生理不順も改善や対策も期待できます。

 

● ダイエットに対する葉酸の作用

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべて葉酸は血液を作る作用があることから、血流量がUPすることにより、冷えが改善され、体温が上がります。体温が上がると基礎代謝があがり、痩せやすい体になります。

 

● 便秘と葉酸の働き

葉酸の細胞分裂促進により、腸内の粘膜細胞も代謝されます。そのことにより腸の動きが正常化し、便秘解消につながるといわれています。

 

● 子宮内膜に対する葉酸の働き

葉酸には細胞分裂の促進により子宮内膜をふかふかにしてくれるはたらきがあります。子宮内膜がふかふかになると受精卵が着床しやすくなったり、生理不順が治ったりと体にうれしいことばかりです。

 

● 薄毛

葉酸の細胞分裂の促進により、毛母細胞の再生につながります。また血液を作るはたらきにより、血流がよくなり頭皮の血行が促進され、きれいな頭皮に生まれ変わるサポートが期待できます。また、たんぱく質を合成することにより、髪の毛の生成やツヤ、コシも取り戻どし、薄毛対策のサポートの作用も期待できます。

葉酸が男性に期待できる作用と作用

葉酸は、美肌やダイエットなどにも大切な働きをしており、アンチエイジングなどの美容の為にも欠かせない成分です。
女性の美容に対する葉酸の働きを下記よりまとめましたので参考にして頂けたらと思います。

 

● 肌荒れ・美肌と葉酸の働き

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべて葉酸の働きの一つ、たんぱく質の合成が肌荒れ・美肌に関わっています。たんぱく質を合成することにより、肌が生まれ変わり、肌荒れが治り、美肌へ近づくだけでなく、髪の毛のツヤやハリも期待できます。

 

● 生理不順に対する葉酸の作用

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべて現代の女性の悩みでもある生理不順。ビタミン不足により女性ホルモンの分泌が低下したことや血液が不足したことが原因の一つであるといわれています。葉酸を摂取することにより血液を十分に作ることができ、生理不順も改善や対策も期待できます。

 

● ダイエットに対する葉酸の作用

丸ごと教える!葉酸の驚くべき効果と効能のすべて葉酸は血液を作る作用があることから、血流量がUPすることにより、冷えが改善され、体温が上がります。体温が上がると基礎代謝があがり、痩せやすい体になります。

 

● 便秘と葉酸の働き

葉酸の細胞分裂促進により、腸内の粘膜細胞も代謝されます。そのことにより腸の動きが正常化し、便秘解消につながるといわれています。

 

● 子宮内膜に対する葉酸の働き

葉酸には細胞分裂の促進により子宮内膜をふかふかにしてくれるはたらきがあります。子宮内膜がふかふかになると受精卵が着床しやすくなったり、生理不順が治ったりと体にうれしいことばかりです。

 

● 薄毛

葉酸の細胞分裂の促進により、毛母細胞の再生につながります。また血液を作るはたらきにより、血流がよくなり頭皮の血行が促進され、きれいな頭皮に生まれ変わるサポートが期待できます。また、たんぱく質を合成することにより、髪の毛の生成やツヤ、コシも取り戻どし、薄毛対策のサポートの作用も期待できます。